検  査

屈折検査・角膜曲率半径検査

オートレフケラトメーターで近視・遠視・乱視の度数や角膜の曲率半径などを測定します

眼科のルーチン検査として行われます

角膜内皮細胞顕微鏡検査

スペキュラーマイクロスコープで角膜の一番内側の角膜内皮を撮影し,角膜内皮細胞密度などを解析します

主に白内障手術など眼内手術の術前・術後検査として行われます

眼底写真撮影

眼底カメラで眼底を撮影します

眼底疾患や緑内障などの場合に行われます

通常のカラー撮影のほかに蛍光眼底造影検査・無赤色撮影・自発蛍光撮影も行えます

視野検査

視野計で検査します

緑内障・眼底疾患・脳疾患などの場合に行います

写真は静的量的視野検査を行うオクトパス視野計(自動視野計)ですが,動的量的視野検査を行うゴールドマン視野計もあります

光干渉断層計(OCT)検査

光干渉断層計(optical coherence tomography,OCT)で検査します

網膜や視神経乳頭の断層像を三次元的に観察でき,網膜厚などの解析が可能です

黄斑部の疾患や緑内障などで行われます

超音波検査

超音波診断装置を使用して行います

Bモード(断層)検査は角膜混濁・白内障・硝子体混濁などで眼底が見えない場合などに行われます

Aモード検査は白内障手術の術前検査として眼軸長を測定するために行います

光学式眼軸長測定装置

眼軸長・角膜曲率半径・前房深度・水晶体厚・角膜厚・瞳孔径・角膜径・角膜形状を測定でき,主に白内障手術の術前検査として行われます